QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011ドバイワールドカップ

自分は中継を見られる環境でなかったのでツイッターで「ヴィクトワールピサ勝ったーーー」という情報を知り2ちゃんへ行くと上を下への大騒ぎであった。上げられている動画を見るとまさかの向正面まくり。「道中ここまでなら脚を使ってもしまいは鈍らない」と確信しているデムーロの神がかり的な騎乗。インタビューでも「日本人のために祈っていた。信じられない」と号泣。日本が意気消沈してる中での自らを奮い立たせての快挙。東北の惨状も同時に頭に浮かび、目からはとめどもなく熱いものをこぼしてしまった。こんなことがあるもんなんだねえ。ミルコは現人神だ。

角居さんの力量もさることながら日本の競馬人の歩みがつながっての勝利でもあると思う。野平祐二さんや和田共弘さんの海外への思い。メアジードーツにあっさりと勝たれた第一回JC。海外に伍する馬を作ろうと奮励努力した関係者の熱意。岡部、豊、藤沢先生の海外への飽くなき挑戦。日本の競馬人がコツコツと遠征ノウハウや馬作りのテクニックを積み上げてきた結果だと思う。長い長い日本競馬史の勝利ではないだろうか。

ともあれ角居調教師、ミルコ・デムーロ騎手、スタッフの皆さんにはありがとうございました、と厚く御礼を申し上げたい。この勝利はこの先、海外で日本の馬が大暴れする先鞭となるだろう。そしてトランセンドの関係者も素晴らしい。フェブラリーで蹴っ飛ばして本当にごめんなさい。ブエナビスタ陣営はまた頑張ればいい。日本に無事何事もなく帰ってくるのが一番。

宮も毎日杯も壮大に外したけどいい日だったからいいのだ。来週も頑張ろう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 競馬なんでも - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking