QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村克也著「ああ、監督」より

>どんな打者でも何かを考えている。また、そのときの調子や心理状態によっても、バッターの狙い球は変わる。そこを読み取れば、つまり「洞察」する事ができれば、それだけ攻略もしやすくなるのである。そして、その結果はまたデータとして蓄積され、より確度が高まることになるというわけだ。

>こうした行為を怠り「データではこうだから」とそのとおりに攻めるのは自殺行為といってもいい。なぜなら、データはあくまでも参考で「過去」のものだからである。そこに「観察」と「洞察」を加え「未来」を予測すること。それが本当の無形の力と呼ぶべきものなのである。


ノーベル賞受賞の益川さんと同じような事を言っております。データ野球とマスコミに喧伝されたノムさんが「データは過去のもの」と言い切っているのが面白いです。そしてこれまた競馬予想そのものであるような気がします。大レース前にはデータが紙面やネット上を踊ります。それをそっくりそのまま取り入れるのはダメで、そこに自分なりのものを加えて「未来」を予測せねばなりません。データのみで予想すれば昨日のダイショウジェット、今日のミヤビランベリなんて買えません。

このあたりの馬を見抜く能力、無形の力を身につけたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 競馬なんでも - ジャンル : ギャンブル

コメント

No title

まったくですな…
データに溺れて大金を失った天皇賞を思い出しました。
もちろんデータ通りの結末ということもあるし、データを活用することも悪いわけではないと思うけど、
それを基にして自分なりの理論を組み立てる、それが予想だと思いますね。自分の理論に自信が無い者ほどデータに頼ってしまう。
データに溺れると痛い目を見るよ、ということですね。
私がやってるのは予想ではなく、空想でした。中身がない。

だとしてもミヤビランベリは買えないよ~
買ったのは雅ちゃんの熱烈なファンぐらいでしょ(客爆笑)

れす

客爆笑をこっちで使われるとはw

ノムさんの本を読んで一流の人間は考えが似通ってくるのだな、と思いました。

私はミヤビランベリ一頭軸3連複流し持ってたんですけど見事に
2、3着抜け・・・単買うまでは自信なかったんですよね。呆然でした。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking