QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念回顧

スクリーンは本調子じゃないんだろうな。しょうがない。インティもそうだろう。哲三が
見せ場を作るべく内からスルスルと上がっていった時は「おお」と思った。哲三は競艇が
好きなだけあっていいジョッキーだ。馬券を買う者の心をわかってくれている。

ディープスカイは良くやっている。四位は好きなジョッキーではないがなんら乗り
間違いはしていない。思えば究極の上がりを見せるわけでもなくハイペースで怒涛の
踏ん張りを見せる馬でもない。気持ちで走る部分が大きいのだろう。秋は気持ちが
切れない事を祈る。第二のステイゴールドとなってしまうのか。いや、もうなってるか。

アルナスは有馬の後ペリエが「この馬だけのセパレートコースが欲しい」と言ってた
コメントが全て。器用じゃないんだな。器用なら四位にあそこまで蓋をされない。直線も
前が詰まらず抜けてこれる。そういえば京都大賞典でもアンカツに蓋をされてた。
まあまあ良く蓋をされる馬だ。シチュエーション限定で「超ハイペースで流れるジャパン
カップ」ってのがあったら突き抜けると思うけれども。

ドリームジャーニーは大阪杯と同じ競馬ができた。ディープスカイを差せれば勝ち、と
いう競馬。馬の成長度もすごいしゴール板過ぎた後の鞍上の投げキッスのキモさも
すごい。なんなんだろうあのキモさは。近年にないキモさだと思う。

サクラは充実度だけで来た感じ。個人的にはあまり強いと思えない。

こんなとこかな。とにかく池添のキモさが目立った宝塚記念だった。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking