QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回 有馬記念

海の向こうでは極論を叫ぶ男に耳目が集まり、周囲は眉をひそめ非難を繰り返した。しかし勝利を勝ち得たのはその極論を叫んだ男。閉塞感のたまった時代、その男の叫んだ裏表のない言葉に「そうだそうだ」と心の中だけでうなずき、表にそれを出せないでいる人々が大半であったという結末。いわゆるサイレントマジョリティである。

しかしながら競馬の世界ではノイジーマジョリティが幅を利かす。「この馬で間違いがない」「まず負けない」「このデータをご覧あれ」。この騒がしい”多数派”が常にファンを揺れ動かす。この騒がしさに動じないでいるファンはサイレントマイノリティとでも呼んだら良いだろうか。いわゆる穴党である。

今年のノイジーマジョリティの主張はキタサンブラック。確かに強い。2016年もっとも成長力を見せた古馬であることは間違いない。しかしJCからの調教過程がどうしても気になる。軽いのだ。一頓挫あっての「現状維持」であれば、下降線もありうる。続いての主張はサトノダイヤモンド。しかしゆったりとしてストライドで徐々に加速をしてゆく馬、小回りの中山、加えて急坂はドンと来いの条件ではあるまい。

サイレントマイノリティである当方の声なき声はサウンズオブアース。安定感抜群の成績はさながらよみがえったステイゴールド。京都大賞典、JCと理想のステップを踏んでの有馬参戦。1番人気キタサンBとは常に接戦。枠も良し。加えて藤岡師がJCよりも良い、と言うのだから心強い。大舞台でまばゆい光を放つミルコ・デムーロにすべてを託したい。

対抗はゴールドアクター。JC敗戦は有馬への順調なるステップ。わずか増えていた体重が絞れているのなら中山でさらに前進。これにサトノDとキタサンを抑えれば完了だが、内枠のヤマカツA@池添、外だが腕達者サトノノブレス@シュミノー、デニム@バルザローナを少々。

◎サウンズオブアース
○ゴールドアクター
▲サトノダイヤモンド
△キタサンブラック
△ヤマカツエース
△サトノノブレス
△デニムアンドルビー

◎頭固定の馬単。◎ー○軸の3連複流しでいざ年の瀬の大勝負。


最後に。この文章は今年逝去された清水成駿氏を思いつつ書いたものです。氏の、強い想いを乗せて書かれる競馬の予想文には大いなる憧れがあります。今頃、あちらでどんな予想をされているのでしょうか。改めてご冥福をお祈りしますとともに、皆様にとっても良き有馬記念でありますことを。グッドラック!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking