QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第31回フェブラリーS

カギは武蔵野S。いわゆる府中ダ千六の厳しいペースでいながら上がりが36秒を切ってこれる馬を探すとやはり左記の上位が目に付く。紛れのないびっしりとした良いレースになると予想できる。ホッコータルマエはマイルを使ったのは5戦前の南部杯。底力に加えスピードまでも求められる近年のフェブラリーSとは会わないのでないか。ニホンピロアワーズにも同様の不安感。しかもこちらは府中初。

ベルシャザールは先を見据えるとここに100%、とは行くまい。ワンダーアキュートも追い込んでは来るだろうが頭までは行かない馬。とすると武蔵野Sでベルシャと接戦。ユニコーンSで35.0を使っている府中ダの申し子ベストウォーリアに◎。武蔵野S2着も人気のないアドマイヤロイヤルにも目が行く。切れ者としてはゴールスキーも抑えたい。切れの一番手としてはシルクフォーチュンなのだがマイルはちと長い。

◎ベストウォーリア
○ベルシャザール
▲アドマイヤロイヤル
△ゴールスキー
△ワンダーアキュート


◎頭の3連単。◎○▲軸の広めの3連複流しなどもやってみたい。何故だか今回は自信アリ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking