QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ回顧

まず思ったのがG1勝ってない3歳牝馬とロートルに馬券内にこられちゃいかんでしょう、という事。これがあの権威のあったジャパンカップか?と思った。エイシンが逃げちゃったように展開が展開なのでしょうがないのだがあんまりだな、という印象。確かにこういうのも競馬なんだけどもしらけるよなあ。ジェンティルだけだ頑張ったのは。そしてスローにもきちんと対応していてごめんなさい、と頭を下げるしかない。

エイシンは逃げてしまってすべてが狂ったので惨敗はわかるとしてゴールドシップはなあ・・・府中、京都のような早い馬場に適性がないのはもちろんだけどそれ以前に内田が宝塚くらいから前半に無理に追っ付けて競馬したりして馬との信頼関係が壊れてしまったのが一番ではないかと思う。「人馬一体」という言葉から大きくかけ離れてしまっている。須貝が乗り代わりを示唆したようだけどしょうがない事ではないか。有馬はヤネ次第だけども人気はそうそう落ちる馬ではないと思うので馬が人間に不信感を持っているような現状ではオッズとの兼ね合いを見て相当つかないと買えないと思う。個人的には内田と逆の当たりのやわらかいジョッキーに乗って欲しいものだが。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking