QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第148回天皇賞・秋

馬場が気になりますね。土曜の午後の芝状態は騎手たちから内側を避けられるようなものでしたがこれが明日になってどうなるか。天気は回復、内から乾く府中、プラス造園課が得意のローラーをかけるとなると内が有利と見たら良いのかもしれないですね。

だからといってトウケイヘイローが逃げ切れるのかといえば?マークがつくわけです。逃げ切りの難解な府中の2000を考えても少しだけ力が足りない感じがします。順調であれば人気でこの上にフェノーメノとショウナンマイティがいたわけで、押し出されてる感は否めないのです。

しかしなんと言っても名手・武豊が刻むラップなのでゆるいレースになるはずがありません。相当な底力勝負となりましょう。加えてちょっと面白いデータがあります。天皇賞・秋の過去6年、1着になってる馬の中でサンデーサイレンスの血が入ってる馬はブエナビスタただ1頭なのです。他5頭は非サンデー。あの偉大なサンデーの血が近年1着になった馬に含まれてないというのはこれは非常に楽しい傾向と思います。

そこを鑑みますとヒットザターゲットが浮かびます。前走のニューダイナスティが3角すぎから作ったキツい流れを克服しゴールドシップをずばり差しきったあの脚はフロックであるはずがありません。今回も豊が作る流れを知らない振りして後ろで脚をためて直線爆発することを期待します。対抗はなんだかんだ言われているジェンティルドンナ。馬場が回復すればこれほどスピードの持続+スタミナを保持してる馬はいないわけでして。


◎ヒットザターゲット
○ジェンティルドンナ

余計なことは考えずこの組み合わせを単複馬連ワイドで。名前の通り1番人気の「ターゲット」を見事に打ち抜くことを期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking