QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞・春回顧

清水成駿が東スポの一面でオルフェーヴルを「遊びを覚えてしまった優等生」と評していたけども正に正鵠を射過ぎている天皇賞となってしまった。3歳にして3冠と有馬を取り向かうところ敵なしの状態での関係者のほんの少しの気の緩みが阪神大賞典の逸走につながったろうし、一度狂った歯車はなかなか元に戻らない事を表した今回の天皇賞だったのではないだろうか。いわゆるスパルタ教育を施された競走馬に芽生えた一瞬の遊び(逸走)。そこから気持ちがグレてしまう(競争に反発してしまう)怖さ。あれだけのパフォーマンスを見せていた馬が早枯れであるはずがない。あくまでも気持ちの問題。それゆえいつ真面目に走るかわからなくなってしまったのは残念無念としか言いようがない。フサイチホウオーの例を出すまでもなく気持ちが一度プッツリと切れてしまった競走馬の復権は誠に難しいだろう。それもこれも「生き物」を扱う難しすぎる競技のゆえ。ひょんな事からあの強いオルフェーヴルが戻る可能性もゼロではないが果たして。

レースは石橋脩の見事な騎乗。離して逃げるのはケイアイとゴールデンくらいかと頭の中に浮かべていた大多数の競馬ファンの斜め上を行くもの。大穴が出る時はいつだって人知を超えた展開が待っている。しかし天皇賞・春の権威低下が叫ばれる昨今、その声の後押しをするような結末。どんな条件であろうがどんな距離であろうが他馬に圧倒的な力を見せ付ける競走馬などもう現れないのではないかと暗澹たる気持ちになってしまう。10回やれば10回勝ち馬が変わるような天皇賞・春はもう見たくない、というのが正直な気持ち。距離短縮論を唱える人には全く賛同できないが、天皇賞・春がG1の看板を下ろす時代が来るのもそう遠い事ではないのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【天皇賞・春回顧】

清水成駿が東スポの一面でオルフェーヴルを「遊びを覚えてしまった優等生」と評していたけども正に正鵠を射過ぎている天皇賞となってしまった。3歳にして3冠と有馬を取り向かうところ敵なしの状態での関係者のほんの少しの気の緩みが阪神大賞典の逸走につながったろうし...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking