QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルフェーヴル逸走

なんだか結構あちこちで「騎手の言う事を聞かない馬」として話題になってしまっているw 競争中止にならないで良かった。一瞬「あー脚やったか・・・」と思ったからねえ。売上げや入場人員減に歯止めが効かない昨今、どんな事であれ注目が集まるのは良い事と思う。でも危うい気性が成長で治ったのかなと思ってるとこれだ。馬はまことに難しい。これナムラクレセントが外から抜いた時に「カーッ」となったんだろうな。「あいつを抜かせろ、王者のこの俺を出し抜いたあいつを抜かせろ」とばかりに抑えられなくなったのだろうと思う。こういう「くそったれ精神」があるからこの馬はあれだけ走れるのだろう。池江先生が調教しようにも、ノーザンファームしがらきで修正しようにもどうにもならないと思う。騎手の乗り変わりも断固反対。「史上最も、見てて面白い三冠馬」としてずっと池添とコンビを組んでいてもらいたいものだ。馬券は買いにくい事この上ないがw

スプリングSはグランデッツァが綺麗な勝ちっぷりだったが枠が大きかったと思う。これ本番でグランデッツァが内、ディープブリランテが外に入ったらどちらが飛んでもおかしくない。能力はこの2頭とワールドエースが抜けてる感じはするけども。ディープブリランテはあの気性だけど枠次第で皐月まではなんとかなるか。何といっても開催からずっと雨続きの中山で芝が傷んだ状態の中での皐月賞。ここで穴を狙わないでいつ狙うんだという感じ。個人的には今回スタートでしくったゼロスに再度期待したい。人気も落ちるだろうし。当日のトラックバイアスだけが気になるところ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking