QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞回顧

内田の乗り方には本当に痺れた。前にいる人気2頭絶対倒してやる、という火の出るような仕掛け(小回り向きでないだけかも)そこには「権利取れればいいや」などというな生ぬるい考えはなかった。ああいう気迫を他のジョッキーも持ってぶつかりあえば競馬はもっともっと面白くなる。

なんでこんなに褒めるかというと単を少し持ってたからw 今年は各馬の実力が団子もいいとこだなあ、とはずっと思ってた事で、人気2頭で決まるほど甘くはないだろうと。それでもプラ体重でタイム差ほぼなしの3、4着なので格好はつけたのでしょう。本番で「叩いて上昇」といった感じで煽られるならまた他の馬で勝負。カミノタサハラは人気するかなあ。明らかに世代NO1の末脚持ってると思うんだけども。

エピファネイアはビュイックが「脚が一瞬しかない」と言ったそうだけどシンクリ×スペだから一瞬の脚があるだけでもすごいと思うのだけどw 皐月では頭はまずないでしょう。祐一だしね。コディーノは道中一所懸命走りすぎる。常に全力な感じ。あれで抜いた感じで走れれば距離も持つと思うが。調教師が調教師だからマイラーになるでしょうね。ダービー出ても勝負にならないのではなかろうか。

最後にミヤジタイガ。とても拾えませんw
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking