QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第57回有馬記念

おっさんになってくると一年経つのは早いですね。

ローズキングダム・・・やはり大箱でのスローの上がり勝負が最もいいパフォーマンスをする馬。岩田が「しぼんでいるのかな」などとコメントしてるように狙えない。

エイシンフラッシュ・・・最高の切れる一瞬の脚をどこで使うのかがヤネの腕の見せ所の馬。この舞台で内を引いたのは良いが秋4戦目、平均的(もしくはそれ以上)なラップが刻まれるであろう今回は厳しいか。

スカイディグニティ・・・今月の10日前後に帰厩したというのが気になる。乗り込んではいるのだろうがそんな急に思い立ったような出走で好走ができるのか。ロングスパートには長けてるというがそこへ持ってきて最後のキレも求められるこの舞台では?

アーネストリー・・・もう馬自身にあの果敢な先行をする気配が見られない。走らせるのは酷では。

ネヴァブション・・・齢重ねたとはいえ中山巧者が内枠を引いた。抑えて損はない。

オーシャンブルー・・・金鯱賞はそんなでもないのだが5走前の西部スポニチ賞が、まくって4角馬なりの直線突き放す次元の違う強さ。有馬に燃える男ルメールが怖いので抑えたい。

ダイワファルコン・・・ジャンポケ×サンデーはここ数週の中山の傾向を見ても絡みそう。抑え。

トレイルブレイザー・・・調教がダメダメ。加えて有馬はついでな感じのローテ。ダメでしょう。

ルーラーシップ・・・秋天・JCは負けて強しの競馬を見せたが昨年の有馬、今年の宝塚を見てもストライドが大きいため小さい競馬場では走りがとても窮屈そうに見える。ポンと出て先行できようと中山では頭はないだろう。

ダークシャドウ・・・どういうわけか新聞紙上で人気が上がっているが何で今まで東京しか使ってなかったのか、という原点に立ち返ればそれはやはりエンジンがかかるのが遅いからである。だから直線の短い競馬場でフミノイマージンごときに差される事になる。中山では厳しいといわざるを得ない。

トゥザグローリー・・・前走ダートを使ったという事は芝でイマイチになってしまったからダートに活路を求めたという事でしょう。またひょいひょいと芝に戻ってきて馬券内なんてあるのだろうか。ないと思う。

オウケンブルースリ・・・早く種牡馬になりなさい。

ゴールドシップ・・・外なのでゲート良かったところで先行せず(押しても行けないけど)下げるでしょう。展開は縦長ぽくなると思うのでどこで内田がGOサインを出していくか。皐月賞は内がポッカリだったから良かったが今回そんな事が起こるはずもない。となると外外を回すか。菊のような競馬で古馬相手に通用するわけがないと思う。ビートがガンガン行くのであれば仕掛けどころはさらに難しい。3着があるかどうか。

ビートブラック・・・先行馬だがテンがそれほどに速くない。JCにてテンの5F、12.8-11.0-12.0-12.3-12.1を刻んでも「意外とついてこられてしまった。もっと離したかった」と鞍上がいうのだから14番を引いた今回は最初の4角で先頭にはいないだろう。前にいるのはダイワあたりか。しかしそこから2頭で絡むような形で1~2角から向正面まで行ければ面白い。春天もそうだった。併走したところでバテるような馬ではない。後ろが「あらあらやってるよ」となめてくれれば面白い。3角過ぎで突き放して直線そのまま!を叫びたい。

ナカヤマナイト・・・どうも「中山巧者」「秋天からの好ローテ」が強調されすぎた感がある。こういう風に世間が騒いでしまった場合は案外来ないもの。馬の実力自体もGⅠには足りない。ヤネは基本的に4着病だし。

ルルーシュ・・・内を引いていたら・・・とても残念な1頭。今回の有馬のラップ適性は持ってると思うのであとはノリさんの神技に期待するだけ。

◎ビートブラック
○ルルーシュ
▲オーシャンブルー
△ルーラーシップ
△ゴールドシップ
△ネヴァブション
△ダイワファルコン

(いろんな意味で)熱い熱い有馬記念になりますように。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking