QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞・秋回顧

自分の予想を載せないで回顧ばかりしてるこのブログだけれどもw昨日は夜勤明けで直で場外へ行ったのでなにとぞご勘弁を願いたい。

まずレースが終わっての第一印象は「これは買えねえなあ」という事。もし事前に神様が降りてきて「1000通過は空前絶後のハイペースになるだろう」と予言したとしてもトーセンジョーダンに敢然と◎を打つ人は非常に少ないと思われる。小回りでの良績が多く府中での高速決着のイメージがないのが大きい。よくよく見るとアル共なんかは締まったラップを完勝してるわけで超スローの上がり勝負よりはこういう展開の方が上位に来る可能性は全然あったのだろう。締まったラップでもバテる事無くワンペースで走り続ける事の出来る能力に外人の豪腕と空前絶後のハイペースが加わっての頭ではないか。しかし買いづらい。

ダークシャドウは甘く見ていた。結果は出してるのだが何よりG1で戦える凄みのようなものが感じられなかった。今回のようなペースでもきっちりと2着に来たあたり千六~二千なら大箱の競馬場では馬券圏内から外れる事はあまりないだろう。ベリーが直線で前に空きを見つけることに戸惑わなければあるいは頭はこの馬だったのかもしれない。

ペルーサはまあ走っても走ってもこんなもんだろうと思う。G1で頭を取る事はないだろう。これからも△程度でいいのではないか。でも人気するからなあ。全くおいしくない困った馬。

ブエナビスタはこの超絶レコードでも0.3差4着。戦前ああだこうだ言われたのに。まあ偉い馬である。昨今の一流牝馬は息の長い馬が多い。ひとえに調教技術の進歩であろう。ただ若干能力に陰りはみえるかな、という印象は持った。

トゥザグローリーはこんなに中途半端に走って欲しくなかったw 府中の2000なんて最高の条件だったように思う。一回叩いていて内枠だったら大枚をはたいていた。JCよりマイルCS行って欲しいところ。

エイシンフラッシュはルメールがアーネストリーが本来やらねばならなかったような超強気の競馬をして6着。力はやはりあるがこの時計であの競馬振り。ガタが来なければいいが。

ローズキングダムは前哨戦を叩いていたし体調も万全に見えたのに惨敗。ブエナビスタのようにどんなペースであれ大きく崩れない馬を名馬とするならばこの馬は到底それに及ばないという事だろう。ただJCで大きく人気を落とすようならば積極的に買いたい。

アーネストリーは言われてるようにとにかく枠と展開。有馬までゆっくり休んでください。ただ有馬で鮮やかに来るイメージが湧かない。

JCに向けて「良し、この馬だ!」とピンと来る1頭が皆無だというのが悩ましい。今年は外国馬かな。あと前から言われてる事だけどG1は外人騎手だけ買ってりゃあいいよね。その辺もちょっと萎えてしまった。G1に大きく張るのはやめようwという事で。下級条件だろうがなんだろうが「これだ」というレースに大きく張りましょう。
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking