QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノリさん

盛岡競馬場へ行って来たのでその事を書こうかと思ったのだが、あまりにも気になりすぎるのでノリの事を少し。とにもかくにも頚髄損傷の4文字が非常にショッキングで気が気でないのだ。齢40を越えて正に「円熟味」を増した素晴らしい騎乗を見せていた人が、ほんの一瞬で命をも失いかねない大怪我をしてしまう。こういう事故が起こるたびに何度も何度も言われることだが、いかに騎手と言う職業が命を削り、死と隣り合っているものであるのかをひしひしと感じさせられる。

競馬を覚え始めた頃から一線でバリバリやっているジョッキーがふとした瞬間からその華麗な雄姿を見せてくれなくなってしまうかもしれない。そんなことを考えるとなんとも得体の知れない無常感に打ちひしがれそうになる。天皇賞・秋のサクラローレルの失敗から「あとは岡部さん頑張って」の飄々としたインタビューを見せたスティンガーの阪神3歳。「武豊ばかりじゃ面白くないでしょ」のセイウンスカイでの2冠。かなりの頻度で2着に来るが頭を取れない「俺はこういう運命なのかな」の時期。そしてロジユニヴァースでのダービー戴冠。それからの神がかり的な重賞勝利連発。自分の頭の中の競馬アルバムには横山典弘がとても多くを占めている。

だからこそ、ここでプツッとそれらが途切れてしまうのはとてつもなく寂しい。横山典弘がまた元気に馬の背に乗っているのを見たい。これから先の道のりはとても険しく苦しいものかもしれない。だけれども横山典弘は必ずそれらを乗り越えて戻ってくると信じている。そしてそのようになる事を心から、切に願っている。戻ってきたらまた「ノリ!差せ!差せ!!」と力一杯叫ばせて欲しい。競馬に心を奪われた一ファンの手前勝手な想いである。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬なんでも - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking