QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月31日新潟競馬場

馬友と共に夏の新潟へ参戦してきた。天候は燦々と太陽が照りつける事もない曇り空。時おり太陽はのぞいたが、この時期の新潟にしては少しだけ過ごしやすい感じ。数日前まで雨模様だった北陸~東北の天候からすれば大変にありがたいお天気。しかしそのせいか「むわっ」と来る湿気がものすごい。そんな中、続々駆けつける車のナンバーの地域の多彩さはどうだろう。青森に多摩に浜松になにわ。競馬目当てでどれだけ人が動くのか。我が故郷もこのようになりたいものである。

7月17日に新馬を使ったばかりのコスモの馬が1、2、3を決める不可思議な荒れ方をした1Rから戦いがスタート。資金は決して潤沢ではない&前日予想をほとんどしていない&12Rに力を入れたい、と事が重なりちょびっと馬券で時を過ごす。2Rで馬連を本線的中させた友人より新潟名物タレカツ丼をおごってもらい後半戦へ。ちょびっと馬券はちっともかすらない。頭に血が上りかけた10R、馬友のつぶやきもあり乱ペースと決め打ちし鋭い追い込み脚をもつ村田一誠ファンドリカップから馬単マルチ流しをかける。かなり速い流れを中段少し後ろにつけ上手く外に持ち出したファンドリを見て絶叫「一誠!差せ!差せ!!差せ!!!」結果二着でようやく初日。左斜め前方にいた子供が「ママ、こわいよキチガイがいる」といった目をしてこちらを見ていたが関係ない。おっさんになっても恥ずかしげもなくジョッキーの名を喉から血を流すかのごとく叫べる大人になれよ僕、と諭しておいた。緑服が来て連れて行かれそうになった。嘘。

メーンはサクッと外れいよいよ勝負の12R。自分に新潟直線千のコツを気づかせてくれた某天才ブログの方法論よりひたすら出走各馬のテンの3Fをチェック。これだけは前日にきっちりとやっておいた。12番カシノリボンと6番レッドハイヒールの3着内はまず間違いはない。この二頭を軸に馬券を組み立てた。いよいよレース。好発を決めたカシノリボンがあっさりとハナを取り外ラチ沿いへつけた。レッドハイヒールも4~5番手のまあまあの位置にいる。直線後半。カシノリボンのリードはほぼセーフティ。レッドハイヒールにはもう少し前に出て欲しい。手応えもあまり良いようには見えなかった。「吉田!!!!残せ残せ残せ残せ!!!」と絶叫ならぬ激叫。結果10人気のジョウノオアシスがくっついてきて自己最高配当を更新。あまりに夢想通りにレースが運び夢かと思った。夢見心地とはあのこと。自分の予想に少し乗ってくれていた馬友も的中。力強く握手。仲間皆がプラスで終わるというとても珍しい結果が待っていた。

その夜のビールの美味しかったことといったらなかった。去年今年と新潟に付き合ってくれた馬友には感謝の言葉を述べたい気持ちで一杯だ。しかし上には上がいるもの。これにおごることなく次は帯封を目指したい。

新潟12-2

テーマ : 競馬なんでも - ジャンル : ギャンブル

Tag : 新潟競馬場 直線千 直千 夏競馬

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking