QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第77回日本ダービー 東京優駿

「今年は凄いダービーになるぞ~」と競馬ファンが悶絶しつつ首を長くし待っていたダービーもついに明日。しかしダノンシャンティがまさかの直前骨折。その前にはローズキングダムざ石、小牧の騎乗停止、サンライズプリンス故障、と様々な出来事があった。競争馬を無事にレースへ送り届けるのはいかに難しい事なのかという事を改めて感じた次第。
すっかり2強の様相を呈してしまっているが今現在ペルーサとヴィクトワールピサが僅差で人気を分けている。わずかにペルーサが1番人気。明日はどうなるかわからないが5連勝の皐月賞馬が2番人気になるダービーってのはいったい・・・。とちびまる子ちゃんのナレーションばりにつぶやいてしまった。ここまでメンバーが揃ったらあれこれ考えてもしょうがない。理詰めではなく「えいや」と脳内のひらめきで買うしかない。

◎ヴィクトワールピサ
○ローズキングダム
▲ルーラーシップ
△アリゼオ
△ペルーサ
△リルダヴァル
△トゥザグローリー


ヴィクトワールピサは完成度が違う。ニッカンに週初めに載ってた藤沢和雄特集で藤沢さんが「シンボリやゼンノほどの馬で挑んでもまだダービー時点で完成度が上の馬がいる事をまざまざと見せ付けられた」と言っていたが2強が示すオッズでは僅差。だが完成度はこの馬が上。一瞬の反応で一気に坂上まで躍り出て後は岩田の豪腕に任せるとしよう。「豊さんと一緒に走りたい」と日本人の涙腺を緩ませるような発言をした岩田に一票を投じたい。

ローズキングダムは小牧がヤネなら迷わず単勝へ大枚を放り込んでいた馬。本当にいろいろな事があったが連には絡んでくる事と思う。中山ではそれが見られなかったがこの馬は大箱での勝負根性に非常に見所がある。後藤の積極的な仕掛けに後続が追いすがってくるが抜かせない根性をまた見られるだろう。

ルーラーシップは新馬の時に「皆が騒ぐ馬ってのはたいした事ないんだよな」といつもの天邪鬼気分を出していた自分にハンマーパンチをくらわせた馬。特にアルメリア賞のいったん止まってからの差し返しは圧巻。四位も気楽に乗るだろうしいい所まで来るだろう。

アリゼオは近年の先行馬馬券絡みのパターンをウィリアムズが踏襲してくれれば。リルダヴァルは調教がうなりをあげていたので。トゥザグローリーは5月30日が友引 庚辰(干支の17番目)のところに引っ掛けて。

ペルーサは確かに恐ろしく強いのだがどうもいい予感がしない。藤沢さんもそろそろかな、とも思うのだがどうしてもその画が浮かばない。切ってもいいのだが切りきれないところに自分の弱さがある。評価を下げたのは完全に勘のみ。

明日は若干の雨が降るようだがそれはいけない。どうか神様最高のダービになるよう雨だけはやめてください。Rioと吉沢明歩とみひろのDVD詰め合わせを献上するので。お願いいたします。


おっと忘れるところだった。「目黒記念」はミッキーペトラーモンテクリスエスの馬連とワイドで。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking