QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップ回顧

ケツの毛まで抜かれた。久しぶりに場外行くとダメだ。午前中は額も抑え目で良かったのだが、ちょっと当たりだすと気分が高揚してどんどん買う額が膨らんでいってしまう。結果ケツの毛コースへご案内と言った具合だ。なんともかんとも。

ウオッカにはリーチの作るペースが合っていた感じ。しかしあれだけのラップを刻んで前付けしてるのに毎度毎度究極の一瞬の脚を繰り出すのだから恐れ入る。抜け出してからやはりいつも通り普通の馬の脚色になっていたが外人騎手の力強い追いで残した。豊は年齢によるものかわからないがあの最後の残しができなくなってきている。乗り変わられてきっちり勝たれて。豊の心境はいかばかりか。彼が飛ぶ鳥を落とす勢いで有力馬を乗り代わりにてバシバシ勝たせてた時代の、乗り変わられていた側の気持ちが今になってわかってきてるのではないか。まさに栄枯盛衰。年齢、体の衰えというのは残酷なものだ。

午前中から外差しがバンバン決まっていたので「こりゃあリーチ残れねえなあ。エアシェイディあたりが大外からずっぽしかなあ」と思ったがオウケンだった。府中の坂をしっかり駆けたね。腰甘とかいってすみません。だけど今後もスローのレースは苦戦必至だろう。レッドディザイヤは驚き。本調子でないだろうにここまで来るとは。成長力が並じゃない。しかもあのペースで。来年は恐ろしいことになりそうだ。
問題はエイシンデピュティ。もっと惨敗して欲しかった。これでは有馬で穴人気してしまう。かなり前から有馬はこの馬と決めていたので残念。

気になったのが調教後の馬体重からパドックでの馬体重。秋天も今回もそうだったのだが他の馬が調教後→パドックで体重が10数kg減るのに対しこの馬は必ず増えている。輸送で負けない精神が強い馬なのだと解釈したいがただ単にバクバク食って体重が減らないタイプなのかもしれない。有馬ではこの点を注視してみたいと思う。

スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking