QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸新聞杯回顧

1着 イコピコ
素晴らしい切れ味を見せた。白百合Sを見て、切れは凄いが長い所でこの切れを出せるのか、ヤマニンウィスカーと接戦をしてるようでは重賞ではつらいのではないかと思い△だったが春の実績馬をまとめてかわし2馬身つけるとは驚き。ただ陣営は全力でここの権利を取りに来たであろうし、あまりにも全てがうまく行き過ぎたレースだったのが気になる。位置取りも前の集団と後ろの集団との間のポケットにポツンといられたのが大きい。これで馬はのびのびと走れる。淀の3000でリーチが究極のラップを刻んだときに今日と同じような脚が使えるのかは疑問。本質的にはマイル~中距離で切れを生かす競馬が一番合ってるのではないか。

2着 リーチザクラウン
道中一番スピードが落ちた地点でハロン12.7。レースタイムが2.24.2なのでギリギリのラップを刻んだ感じ。これで直線長く坂のある阪神であれだけ粘れたのだから能力は疑う余地のないことは証明された。しかし本番は3ハロン伸びる。今日みたいな競馬をしたとしても何かにまた差されそうな予感がする。もし道中機嫌を損ねる出来事があったりしたらと考えると危ない。馬体重の減も本番へ向けて磐石とはいえないのではないか。

3着 セイウンワンダー
この結果を見てもまだマイラーだと思う自分がいる。超高速馬場はマイラーに距離を持たせてしまうのか。4角ほぼ馬なりでリーチに並んだ時はかなりびびった。しかしそこからリーチを捕らえきれない。あそこまで来たらきっちりと捕らえきって欲しい所。休み明けっぽいといえば典型的な休み明けの競馬なのだが。

4着 アンライバルド
おおかたの競馬ファンの予想通り距離は短い方がいい。直線の長い競馬場も有利とはいえない。菊花賞など論外であろうと思う。人気を落として有馬記念に出て欲しい。積極的に買わせてもらう。

9着 アプレザンレーヴ
なんといっても+24キロ。直線に入ってちょっとだけ競馬をした感じ。本番に向けて一番怖い一頭。

10着 トライアンフマーチ
パドックを見れてないので馬体がどんなものだったかわからないのだが、マイナス体重と調整失敗が敗因なのではないか。直線あまりにも伸びなさ過ぎである。ネット上では距離が長いと指摘してる向きが多いが決してそんな事はないと思う。この馬の走法は短いところ向きの走り方をしていない。母親が短距離馬だったから子供もそうなる、なんてそんな単純だったら競馬はここまで多くの人に愛されていない。角居さんが残り少ない時間でどういう風に仕上げるか注目。

11着 アントニオバローズ
バテないが切れない。顕著にそれが現れた。早いラップを刻まれなおかつしまいの脚も求められる馬場、展開では全く出番がない。本番も雨が降って下が悪くならない限り難しいだろう。


※菊はアプレザンレーヴがぶっこ抜いてしまうのではないだろうか。

※ロジユニヴァースは何をしているのか。菊は出ないと聞くがなぜだ。昨今の競馬の長距離軽視の流れには本当に腹が立つ。3歳のためのクラシック路線。3歳にしか出られない特別なレースをなぜいとも簡単に回避できるのか。
スポンサーサイト

テーマ : レース回顧 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking