QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化

19世紀後半から20世紀初めにかけてモンキー乗りが導入された事によってレースの記録が大幅に短縮されたって記事ですけれども、なかなか興味深いものがあります。「米国の1890年からの10年間と、英国の1897年から1910年までで、レース記録は5~7%も短縮された」って書かれてますが、今現在芝の2000mを2分ちょうどで走るのが平均として120秒です。120秒の5%は6秒。10年の歳月で2000mを1分54秒で走れるようになるなんて恐ろしいほどの進歩でしょうこれは。1999年にスペシャルウィークが天皇賞・秋で出したタイムが1分58秒0。ウオッカが昨年同レースで出したタイムが1分57秒2。10年でタイムが6秒も縮まるなんて驚天動地の出来事です。天神乗り→モンキー乗り(海の向こうで天神乗りとは言わなかったでしょうが)の変化は当時の競馬界の革命だったんですねえ。これ日本だと保田隆芳さんがモンキー乗りやって以降タイムは大幅短縮されたんでしょうか。暇な人は調べたらいいと思います(お前がやれよ)

腰を高く浮かせる事によって空気抵抗が少なくなる、という事はほとんどない。馬と騎手の重心のブレが少なくなる事がすごいのだ。という研究結果も面白いですね。武豊が常々「馬の邪魔をしないように乗ることを心がけている」と言うのはこの事なんですねえ。
スポンサーサイト

テーマ : 競馬なんでも - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking