QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第61回 有馬記念

海の向こうでは極論を叫ぶ男に耳目が集まり、周囲は眉をひそめ非難を繰り返した。しかし勝利を勝ち得たのはその極論を叫んだ男。閉塞感のたまった時代、その男の叫んだ裏表のない言葉に「そうだそうだ」と心の中だけでうなずき、表にそれを出せないでいる人々が大半であったという結末。いわゆるサイレントマジョリティである。

しかしながら競馬の世界ではノイジーマジョリティが幅を利かす。「この馬で間違いがない」「まず負けない」「このデータをご覧あれ」。この騒がしい”多数派”が常にファンを揺れ動かす。この騒がしさに動じないでいるファンはサイレントマイノリティとでも呼んだら良いだろうか。いわゆる穴党である。

今年のノイジーマジョリティの主張はキタサンブラック。確かに強い。2016年もっとも成長力を見せた古馬であることは間違いない。しかしJCからの調教過程がどうしても気になる。軽いのだ。一頓挫あっての「現状維持」であれば、下降線もありうる。続いての主張はサトノダイヤモンド。しかしゆったりとしてストライドで徐々に加速をしてゆく馬、小回りの中山、加えて急坂はドンと来いの条件ではあるまい。

サイレントマイノリティである当方の声なき声はサウンズオブアース。安定感抜群の成績はさながらよみがえったステイゴールド。京都大賞典、JCと理想のステップを踏んでの有馬参戦。1番人気キタサンBとは常に接戦。枠も良し。加えて藤岡師がJCよりも良い、と言うのだから心強い。大舞台でまばゆい光を放つミルコ・デムーロにすべてを託したい。

対抗はゴールドアクター。JC敗戦は有馬への順調なるステップ。わずか増えていた体重が絞れているのなら中山でさらに前進。これにサトノDとキタサンを抑えれば完了だが、内枠のヤマカツA@池添、外だが腕達者サトノノブレス@シュミノー、デニム@バルザローナを少々。

◎サウンズオブアース
○ゴールドアクター
▲サトノダイヤモンド
△キタサンブラック
△ヤマカツエース
△サトノノブレス
△デニムアンドルビー

◎頭固定の馬単。◎ー○軸の3連複流しでいざ年の瀬の大勝負。


最後に。この文章は今年逝去された清水成駿氏を思いつつ書いたものです。氏の、強い想いを乗せて書かれる競馬の予想文には大いなる憧れがあります。今頃、あちらでどんな予想をされているのでしょうか。改めてご冥福をお祈りしますとともに、皆様にとっても良き有馬記念でありますことを。グッドラック!
スポンサーサイト

第31回フェブラリーS

カギは武蔵野S。いわゆる府中ダ千六の厳しいペースでいながら上がりが36秒を切ってこれる馬を探すとやはり左記の上位が目に付く。紛れのないびっしりとした良いレースになると予想できる。ホッコータルマエはマイルを使ったのは5戦前の南部杯。底力に加えスピードまでも求められる近年のフェブラリーSとは会わないのでないか。ニホンピロアワーズにも同様の不安感。しかもこちらは府中初。

ベルシャザールは先を見据えるとここに100%、とは行くまい。ワンダーアキュートも追い込んでは来るだろうが頭までは行かない馬。とすると武蔵野Sでベルシャと接戦。ユニコーンSで35.0を使っている府中ダの申し子ベストウォーリアに◎。武蔵野S2着も人気のないアドマイヤロイヤルにも目が行く。切れ者としてはゴールスキーも抑えたい。切れの一番手としてはシルクフォーチュンなのだがマイルはちと長い。

◎ベストウォーリア
○ベルシャザール
▲アドマイヤロイヤル
△ゴールスキー
△ワンダーアキュート


◎頭の3連単。◎○▲軸の広めの3連複流しなどもやってみたい。何故だか今回は自信アリ。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

第58回有馬記念

土曜の競馬を見ると内が悪くないんですよね。それでいてどうしても行きたい、という馬がいない展開を考えるとスロー濃厚なのではないかと考えます。スローと言えど有馬記念はテンの3ハロンは11秒台が続き結構流れる事が多いです。週中はヴェルデグリーンを考えていましたがこの馬はテンがゆっくりでないと好位に行けないんですよね。だから位置取りが後ろ気味になりスローで動けない場合があれば好枠がかえって仇になってしまうのではないかと。有力馬の回避で穴党から祭られてしまってるのも嫌な感じを受けました。印を下げます。

同じ好枠でも最内ダノンバラードに食指が動きます。なんと言っても先行力と荒れ気味の馬場でも粘りこんでしまえるその力。秋天からの余裕のあるローテ、スローの展開、先週悔しい思いをした川田のリベンジ、等を考えるととても魅力です。

オルフェーヴルは考えるに競争能力のピークはおそらく昨年の凱旋門賞。結果は2着でしたが欧州の芝であのような目の覚めるような脚を使える馬は今現在世界におりません。今年の凱旋門ではあれが見られませんでした。少しさかのぼると春に走った大阪杯でも勝利は収めましたが迫力は感じられませんでした。おまけに引退レース。陣営がガチガチに仕上げるはずがありません。「今年のメンバーなら」と安易に◎を打つ専門家が多いですが危険な考えだと思います。しかし元からのポテンシャルが違うのも事実。

引っ掛けたいのがルルーシュとアドマイヤラクティ。2頭とも調教を見るに調子が良さそうで前者はやわらかく乗る福永ととても手が合っていると見ます。後者は先行の天才のヤネが2回目の騎乗でどう乗ってくれるか。

肝心のゴールドシップは人間への不信感がぬぐえているか。乗る人間が変わったところでそんな急に内面は変わらないと見ます。テンだってどうしようもなく遅いしこの枠。変わらず後ろからで捲くっていく競馬でしょう。昨年も有馬ではこの馬を評価していませんでしたがスロー濃厚の中この馬の捲くりはハマりません。中山適性が言われますがどちらも流れが速く淀みのなかったもの。競馬の基本に立ち返れば後ろから行く馬に取りこぼしが多いのは良く見るシーンです。

最後の直線、ダノンが内からポーンと抜けて捲くるヴェルデにさらにその後ろからオルフェ。3頭鼻面合わせてゴール、というのが今年の最良のイメージ。

◎ダノンバラード
○ヴェルデグリーン
▲オルフェーヴル
△ルルーシュ
△アドマイヤラクティ

まさに一年の締めくくりを飾るような良いレースを期待します。頼むぞ川田。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

さあ有馬ウィーク

1年は早い。もうあっという間の有馬ウィーク。主要メンバーの回避が多いのが少しさびしいが湧き上がるワクワク感をファンに失わせないように主催者は努めて欲しい事と思う。年末のせわしなさ、一発当ててやろうという人間の情念、身を切るような寒さ、などがごちゃ混ぜになり大歓声として昇華される世界最高峰のレース。こんなすごいレースを回避する陣営は猛省するべきである。

今のところ◎はヴェルデグリーン。中山のコーナーでスピードを落とせず回ってこれるのがいいし、しまいまで脚が持続するのがこれまたいい。有馬記念などは適性ひとつでなんぼでも馬券内に来れる。問題は同じようなまくりを打つ(であろう)オルフェとゴールドシップである。勝ちに行くのであればこの2頭よりワンテンポ早く仕掛けて行くのが良いのではないか。そのためにペースは縦長を希望。カレンミロティックがどこまで行ってくれるか。トーセンジョーダンが絡んでいけば楽しいが。オルフェは引退レース、ゴールドシップは人間に対する不信感、がある事を鑑みると波乱の余地は十二分にある。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

第14回ジャパンカップダート

日曜は早起きせねばならないので印だけ。

◎ナイスミーチュー
○インカンテーション
▲ホッコータルマエ
△ワンダーアキュート
△ニホンピロアワーズ


おそらくはびっしりとした厳しいペースになるでしょう。中断から後ろの気楽な馬。◎です。ヤネが小牧なのも良いですね。○は急激に力つけております。以下人気馬へ。ローマンは多少下り坂を迎えている感。エスポも連勝したとはいえ全盛期の走りには足りないのは明白。ベルシャザールは人気しすぎ。一線級と戦うのにこの人気では。

メンバーがそろうと穴が突っ込んでくるのがG1の常。よろしくお願いします。

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking