QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第58回有馬記念

土曜の競馬を見ると内が悪くないんですよね。それでいてどうしても行きたい、という馬がいない展開を考えるとスロー濃厚なのではないかと考えます。スローと言えど有馬記念はテンの3ハロンは11秒台が続き結構流れる事が多いです。週中はヴェルデグリーンを考えていましたがこの馬はテンがゆっくりでないと好位に行けないんですよね。だから位置取りが後ろ気味になりスローで動けない場合があれば好枠がかえって仇になってしまうのではないかと。有力馬の回避で穴党から祭られてしまってるのも嫌な感じを受けました。印を下げます。

同じ好枠でも最内ダノンバラードに食指が動きます。なんと言っても先行力と荒れ気味の馬場でも粘りこんでしまえるその力。秋天からの余裕のあるローテ、スローの展開、先週悔しい思いをした川田のリベンジ、等を考えるととても魅力です。

オルフェーヴルは考えるに競争能力のピークはおそらく昨年の凱旋門賞。結果は2着でしたが欧州の芝であのような目の覚めるような脚を使える馬は今現在世界におりません。今年の凱旋門ではあれが見られませんでした。少しさかのぼると春に走った大阪杯でも勝利は収めましたが迫力は感じられませんでした。おまけに引退レース。陣営がガチガチに仕上げるはずがありません。「今年のメンバーなら」と安易に◎を打つ専門家が多いですが危険な考えだと思います。しかし元からのポテンシャルが違うのも事実。

引っ掛けたいのがルルーシュとアドマイヤラクティ。2頭とも調教を見るに調子が良さそうで前者はやわらかく乗る福永ととても手が合っていると見ます。後者は先行の天才のヤネが2回目の騎乗でどう乗ってくれるか。

肝心のゴールドシップは人間への不信感がぬぐえているか。乗る人間が変わったところでそんな急に内面は変わらないと見ます。テンだってどうしようもなく遅いしこの枠。変わらず後ろからで捲くっていく競馬でしょう。昨年も有馬ではこの馬を評価していませんでしたがスロー濃厚の中この馬の捲くりはハマりません。中山適性が言われますがどちらも流れが速く淀みのなかったもの。競馬の基本に立ち返れば後ろから行く馬に取りこぼしが多いのは良く見るシーンです。

最後の直線、ダノンが内からポーンと抜けて捲くるヴェルデにさらにその後ろからオルフェ。3頭鼻面合わせてゴール、というのが今年の最良のイメージ。

◎ダノンバラード
○ヴェルデグリーン
▲オルフェーヴル
△ルルーシュ
△アドマイヤラクティ

まさに一年の締めくくりを飾るような良いレースを期待します。頼むぞ川田。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 競馬予想 - ジャンル : ギャンブル

コメント

No title

自分もルルーシュの調教が非常によく見えて、○にしたんですが…
ダノンも案外でしたね。というか全体的に混沌の中で行われてしまって、
オルフェーヴルがただ1頭モノの違いを見せて勝った、そんなレースだったと思います。

れす

時計がかかってましたしある程度以上に流れたレースだったので
その馬の持つ能力が顕著に出てしまったのではないかと思って
ます。それにしても強かった。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
FC2 Blog Ranking